フォト
無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

旅行・地域

2018年10月17日 (水)

動機

嫌な事ほど、面倒な事ほど、できるだけギリギリまで向かい合うことを避け、結果物凄く追い詰められる、それが私。

難しい曲は練習するのを後回しにし、
どうしようもなく散らかっている部屋もしばらくは見て見ぬふり。
なんだかわからないけれど、何か怖い事が書いてありそうなドイツ語のメールや手紙はそのまま無くなってしまえばいいのにと思いつつしばらく未開封のまま放置。

ただし、ドイツの場合はちょっとの滞納で全力で罰金取りにかかってくるので要注意ですよ

以前ドイツの鉄道会社DBの年間割引カード(Bahncard25)更新に共なう更新料振り込みをうっかり忘れていたのです。これは本当にうっかりでした。

すると約1ヶ月後に振り込み催促のお手紙が

しかしその時たまたま長い期間家を空けており、手紙に目を通したのが手紙が作成された日付から2週間経とうかというタイミングでした。慌てて振り込み難を逃れたかと思ったのですが、なんとその2週間後に保険会社から

「この滞納の件についてDBから交渉を引き受けました。つきましては以下の日付までに68ユーロ(カードの料金)と、保険会社への手続き料金60ユーロをお支払いください。」

という内容のお手紙が

後回し星人の私もさすがにこの時はその場で保険会社に電話をかけました。
(こういう時ドイツの企業はメールではなかなか対応してくれないのです。)

幸いなことに私が振り込みをした日が、保険会社の手紙作成日より1日早かったため、振り込み証明を送り事なきを得たのですが…

正確に言うと、振り込み証明を見てDBと相談すると言われてから何の音沙汰もないだけなのですが…

なんともヒヤリとした瞬間でした。


とまぁなんでこんな事を思い出すかというと、またぼちぼち取り組まなければまずいなという案件がいくつかあるからでして。。。(まだ切羽詰まってるとは認めたくない

そんなえいっと奮起しなければならない時に私が最近よく見ているのがこちらの動画




もう本当に何度見ても最初の10秒で泣ける動画です
この動画と共に

「10代の君、頑張れ。10代だった僕ら、もっと頑張れ。」
と言われると、本当にその通りだなと。
彼女達のように真っ直ぐ地道に努力を続けなければと。
そうすればどこかで見てくれている人はいるんだと。

…とりあえず彼女達のこれまでの軌跡から色々学ばなければと…

……では他の動画も年代順に見てみようかと……


考えているうちに、ミュンヘンの夜は更けていくのでありました

2018年10月 9日 (火)

オクトーバーフェスト

オクトーバーフェストに行ってきました!!

20181009_015535

20181009_015542_2

やはり何度行っても楽しいです。
やってる事はただ遊園地に行ってビールを飲んでるだけなのですが…

4年目の今回は今までほとんど乗らなかった怖い系の乗り物に挑戦。

写真を撮るのを忘れたけれど、スプラッシュマウンテン的な急流すべりとこれ

20181009_015602

今でもなんであんなに普通に乗る気になったのかわからない。
乗らずに待ってる組の友達に

「本当に乗るの?」

と聞かれ初めて弱気になり

「うん…田舎の両親によろしく…」

と住所まで言伝ていった割に案外面白く、面白いというか意味がわからなすぎて笑うしかない、でも回る勢いが速すぎて笑い声すらでなくてさらに笑うという破茶滅茶な状態で

今まで絶叫系断固拒否だった私は、なんだか一回り自分が大きくなったような気がしました。笑

ビール会場でも友達とそれはもう楽しく飲み食い喋り、笑いすぎで頬と腹筋が痛くなる有様
本当に良い思い出になりました。

そんなオクトーバーフェストも昨日で終わり、今日から街は平常運転。
いよいよ本格的に暗く長い冬がやってきます

2018年10月 2日 (火)

季節の巡り

今日スーパーに行ったらFederweisserというこの時期だけ発売される飲み物が出ていました!





ブドウを発酵させワインになる手前の状態のものなんだそう。瓶の蓋がゆるく、ラベルにも横向にしないでください!と注意書きがしてあるのは何故なのでしょうね?

このワインを見ると冬の訪れを感じ切なさに苛まれる私。夏生まれなせいか、冬の気配とともに気がしぼみ冬眠の準備をせねばという使命感に駆られます。笑

ちなみにこのフェダーヴァイサー、甘く炭酸入りで爽やかな飲み心地。
うっかりがぶがぶ飲んでしまうのですが、アルコール度数9%となかなか危険な代物です

2018年4月12日 (木)

花見

ミュンヘンのOlympiaparkにて!

4年ぶりに!

念願の!

花見ができました〜











感動です。
やはり桜を見ると心が浮き立ちますね♪

沢山日光浴をして、バトミントンもして、良い気分転換になりました!
このまま春に……なるといいなぁ

2018年4月 8日 (日)

最高の日曜日

数日前から良い天気が続き今日がピークのようです。








春どころか夏の雰囲気さえ纏う日差しにもう気分はるんるん


今日は沢山練習するぞー!と心に誓っていたはずなのに我慢できず少しお散歩にでてしまいました


以前酒場で偶然知り合ったロシア人のオペラ歌手(なんとあのネトレプコと同期だとか!)の言っていた


音楽家はテクニックだけ磨いていても意味がない!
心もオープンでいないと!心のない音楽は音楽ではないのだから!!

なんて私的名言を思い出しながら陽の光に身を晒してみました


まぁ…そのオペラ歌手はその後に


…だから、口もオープンにして一気に!オペラ歌手のように口を縦に開けて!
(つまりお酒を一気飲みさせたかっただけ!笑)

と続けていたのですが

それもこれもまとめてミュンヘンだからこそ得られた本当に良い思い出です

2018年3月26日 (月)

春の予感

関東地方はそろそろ桜が満開となり、お花見シーズンを迎えるようですね


SNS越しに春の便りを見ては日本への想いを募らせる日々を送っています。


生活にこだわりがない性格からか留学を始めてこの方所謂ホームシックというものは味わう事なくきているのですが、この季節になるとどうしても桜が恋しくなりますね。


ミュンヘンはまだまだ寒い日が続いていますが、日照時間はぐんと長くなり、昨日からサマータイムになったこともあり街の雰囲気はだいぶ明るくなってきました!







窓から差し込む光が、ま、眩しい…


そして






7時過ぎてるのにまだ太陽が沈んでない…!!



あと少しで本格的な春が訪れると思うと気分も軽くなります。



ちなみに音大は先週から夏ゼメスターがスタート。したにもかかわらず今週末からはイースターでまた休暇
5月末にも休暇があり6月には入試期間でレッスンがなくなる週があるので、計画的に勉強を進めなければ気がついた時には夏季休暇に突入なんてことになりかねません

気合い入れて頑張ります〜



2017年9月26日 (火)

ふふふ…

デトモルトにはなんだか素朴な小さなお店が並んでいてテンションが上がります。

そのうちの1つ、毛糸屋さん

20170926_160026

そして衝動買い

20170926_160035

何ができるかは、というかそもそも私が取りかかるのかどうかは、出来てからのお楽しみです。

2017年9月24日 (日)

デトモルト再び

今年は色々とご縁のあるデトモルト、
再び滞在しています。

今回は6月には足を運ばなかった両親が学んだ音大へ。

20170924_190104

20170924_190108


30年以上前の写真と同じアングルで撮ってみました。いや〜それにしても若いねお父さん!髪がふさh...
デトモルトはとても素朴な街で、ミュンヘンに比べてとても穏やかに時が流れているようです。まだ9月だと言うのにどことなく暗く既に冬の空気が漂い、いかにもドイツ!と言った感じ。
初めてのドイツが真冬のデトモルトだったため、着いた時には泣いてしまったという母の言葉が脳裏をよぎります。

2017年9月16日 (土)

with P

3日前安いアジア系のレストランで夕食を食べて以降、体調を崩しています

昨日起き上がれるようにはなったものの未だにお腹がなーんか重い。身体が怠い。こういう時一人暮らしって辛いですね
そして、家でピアノが弾けないのも辛い。

ミュンヘンの住宅事情はなかなか厳しくて、ミュンヘンフィルの団員さんでさえ(!)家探しの時自分がミュンヘンフィルの団員である事を家主に伝えるのは、プラスにもなり得るしマイナスにもなり得るのだそうです。
練習の音漏れで騒音問題なんかが起きるのでしょう。
でも、ミュンヘンフィルと言えばミュンヘンの誇りで、流石にそこまでの人になったらプラスにしか捉えられないと思っていたので意外でした

。。。、とまぁ、身体に鞭打って練習に来てみたは良いものの体調すぐれず全くやる気が起きないのでダラダラとブログを更新しているわけなのですが。。

最近あった出来事を1つ。

先日コンクールを受けに行ってきました。しかもなんと今回、with P(ペアレンツ)。笑

最初父がついてくると言い出した時は、こんなアラサーの女の人が両親を連れてコンクールだなんてそんな恥ずかしいとか、両親が無事か心配でコンクールに集中できないんじゃ…などなど、不安ばかりが募っていました。

しかしまぁ、実際行ってみるとなんとありがたいことありがたいこと。

普段は無意識のうちに行っていますが、海外にいる場合特に水その他の必需品を買うタイミング、ご飯を食べるタイミングをしっかり管理しなければ後々大変な事になります。
海外のコンクールって大抵凄く田舎にあってスーパーやレストランが開いている時間もかなり限られているからです。。

今回両親はその辺りを完璧にサポートしてくれて、あぁ、、小さい頃は気づかない間にこんなに色々とサポートしてもらっていたんだなぁと新たな気づきを今更ながら感じる事に。笑

受験の時に、電池が切れてわざと家に置いて行ったメトロノームを持って父が上野までわざわざ追いかけてきた事件の印象があまりにも強くて今までは、なんて過保護な…!と思っていましたが、無償の愛を向けてもらう事がこんなにもありがたい事なのだと改めて感じたのでした。

こちらのコンクールに参加していて、彼氏彼女を連れて来ている人が意外と多い事にいつも驚いていたのですが(だって、ピアノ弾かないパートナーはずっと練習や本番の間待ってるだけなんですよ!?)今回そういうカップルがどの様にコンクールに臨んでいるのか、その気持ちがちょっとわかったようなわからないような、、、

ピアノ修行兼人生のネタ集めはまだまだ続きます。


2017年7月11日 (火)

地ビール

ミュンヘン中心部のガレリアカウフホフというデパートで茨城の地ビール常陸野ネストを発見!




このビール風味豊かでとっても美味しいんです
隅の棚の1番上にさり気なく置いてあるけど、買ってくれた人いるのかな〜

より以前の記事一覧