フォト
無料ブログはココログ
2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

心と体

2017年9月16日 (土)

with P

3日前安いアジア系のレストランで夕食を食べて以降、体調を崩しています

昨日起き上がれるようにはなったものの未だにお腹がなーんか重い。身体が怠い。こういう時一人暮らしって辛いですね
そして、家でピアノが弾けないのも辛い。

ミュンヘンの住宅事情はなかなか厳しくて、ミュンヘンフィルの団員さんでさえ(!)家探しの時自分がミュンヘンフィルの団員である事を家主に伝えるのは、プラスにもなり得るしマイナスにもなり得るのだそうです。
練習の音漏れで騒音問題なんかが起きるのでしょう。
でも、ミュンヘンフィルと言えばミュンヘンの誇りで、流石にそこまでの人になったらプラスにしか捉えられないと思っていたので意外でした

。。。、とまぁ、身体に鞭打って練習に来てみたは良いものの体調すぐれず全くやる気が起きないのでダラダラとブログを更新しているわけなのですが。。

最近あった出来事を1つ。

先日コンクールを受けに行ってきました。しかもなんと今回、with P(ペアレンツ)。笑

最初父がついてくると言い出した時は、こんなアラサーの女の人が両親を連れてコンクールだなんてそんな恥ずかしいとか、両親が無事か心配でコンクールに集中できないんじゃ…などなど、不安ばかりが募っていました。

しかしまぁ、実際行ってみるとなんとありがたいことありがたいこと。

普段は無意識のうちに行っていますが、海外にいる場合特に水その他の必需品を買うタイミング、ご飯を食べるタイミングをしっかり管理しなければ後々大変な事になります。
海外のコンクールって大抵凄く田舎にあってスーパーやレストランが開いている時間もかなり限られているからです。。

今回両親はその辺りを完璧にサポートしてくれて、あぁ、、小さい頃は気づかない間にこんなに色々とサポートしてもらっていたんだなぁと新たな気づきを今更ながら感じる事に。笑

受験の時に、電池が切れてわざと家に置いて行ったメトロノームを持って父が上野までわざわざ追いかけてきた事件の印象があまりにも強くて今までは、なんて過保護な…!と思っていましたが、無償の愛を向けてもらう事がこんなにもありがたい事なのだと改めて感じたのでした。

こちらのコンクールに参加していて、彼氏彼女を連れて来ている人が意外と多い事にいつも驚いていたのですが(だって、ピアノ弾かないパートナーはずっと練習や本番の間待ってるだけなんですよ!?)今回そういうカップルがどの様にコンクールに臨んでいるのか、その気持ちがちょっとわかったようなわからないような、、、

ピアノ修行兼人生のネタ集めはまだまだ続きます。


2016年12月25日 (日)

腎不全猫と食事

留学始めた頃も各種手続きについて事細かに書いて残してくださってる方々のブログには大変お世話になりましたが、猫の介護に関しても同じく色んな方がブログに書いていてその情報に本当に助けられています。



(食欲廃絶期に高カロリーの流動食をあげたら不味すぎて逃げるの巻。後ろ姿が怒ってます)

ブログを読み耽る毎日で学んだことは、猫は個体が違えば症状もそれぞれ違うため、自分の家の子はどうなのかきちんと見極めそれぞれ対応を変えていかなきゃいけないということです。それは飼い主にしかできないこと。

ミミ様も、この1ヶ月吐き気が酷く何も食べてくれずみるみる痩せて行ってしまったのですが、血液検査は異常なし、脱水もなしで原因は不明。獣医さんに連れて行っても吐き気どめを打たれて「とにかく食べさせてください」と言われるのみで途方に暮れていました。

でもふと、吐き気が特に酷くなった時期と、ミミの好きなマグロ系のご飯をあれこれあげ始めた時期が重なっているような気がして、今はマグロをやめて様子を見ています。
猫のマグロアレルギー、、?なんてものがあるのかわからないですが それでここ数日少し調子がよかったような…!

と思ったのもつかの間、昨日から具合悪そうにしてるなーと思って見ていたら今日は再び大嘔吐。お腹は空いているみたいなのですが口をクチャクチャして気持ち悪そうで全くご飯を食べてくれません ほんの少し強制給餌をしてみたけれどこれがよかったのかどうかもわからず……

たぶん、一昨日からあげ始めたjpスタイルのご飯が合わなかったんじゃないかとみています食いつきは最高だったんだけど成分が…

食べ物が体を作る、これは人間も猫も同じことですね。

猫の介護生活、一進一退ですが頑張ります。



2016年10月21日 (金)

お猫様

前回の投稿で突然ネコトークを繰り広げてしまいましたが、ふと、このブログではまだ我が家の猫ちゃん達を紹介していなかったことに気がつきました






上から年齢順にミミ、アダモ、ミルクにトムです
みんなそれぞれに個性があって本当に楽しい家族です

ちなみに腎不全になったのは1番年上のミミ氏。

一時期よりは元気になりましたが相変わらず水を飲む量は少ないような……

温かいお湯にしてみたり水用のお皿を変えてみたり置く場所を変えてみたり…猫様のご機嫌を伺っては試行錯誤の毎日です

2016年10月10日 (月)

猫の腎不全

この夏腎盂腎炎を患いドイツで入院した私ですが、なんと今度は猫のミミちゃんが腎不全だと発覚しました

もう練習そっちのけで猫につきっきりな毎日です…

私のドイツ入院日記もそれはそれで新しい経験、発見が沢山あったので後ほど文章におこすことにするとして…

今一番の心配は、一昨日まで水を欲しがっていたミミが全く欲しがらなくなってしまったことです
食欲はあるのだけど、水を飲まないトイレにも行かない……
昨日の獣医さんの精神的ショックを引きずってるだけならいいのですが、、このまま脱水症状、尿毒症になってしまったらと思うと恐ろしくて…

水を飲みたがらない猫になんとか飲んでもらう方法ご存知の方がいらっしゃったら、どんな些細な事でもいいので教えてください へるぷみ〜