フォト
無料ブログはココログ
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« ゲストハウス 枝豆 in Salzburg! | トップページ | 映画 »

2017年6月26日 (月)

ドイツの方言

日本と同様にドイツにも方言があります。

特にここバイエルンにおけるバイエリッシュなる方言は、ドイツ人でもネタにする程もはやドイツ語の原形をとどめていないのです(笑)

都市部において本格的なバイエリッシュを喋る若者にはそうそう出会わないため、普段方言を意識することはないのですが、実は身近な所にも地方特有の発音がありそれをいつの間にか習得している自分に気がつきました


ドイツ語ではよく語尾に、

〜〜〜,nah?(な?)

とか

〜〜〜,neh?(ね?)

とか、つけて喋る人がいます。(綴りは適当です)

日本語でいうところの、でしょ?とか、ね?っと言った感じかなぁ。

これがなかなか便利で私はよく使っているのですが、

ミュンヘンではたまに、

〜〜〜, geh?(げ?)

が登場します。笑

げ?って(笑)

なんか急に田舎っぽさが増すと思うのは私だけでしょうか?笑

さらに、標準的なドイツ語では形容詞や数字の最後のgを「ひ」と発音するのですが、ミュンヘンでは多くの人が、電車の放送まで、「く」と発音します。

Das ist so lustig, nah?(これ面白いでしょ?)
だす いすとぅ ぞぅ るすてぃっひ、なぁ?

という文章を

Das ist so lustig, geh?
だす いすとぅ ぞぅ るすてぃっく、げぇ?

と話す自分を客観的に見て、これって茨城弁に訳すと

「これ面白いっぺ?(語尾上がり)」

みたいな感じなのかなぁなんて考え1人楽しくなるのでした

関西で最初に日本語を勉強した外国人は自然と関西弁を喋るようになるのでしょうか?

私のドイツ語は南部特有の発音になっているのでしょうか?

言葉の面白さに改めて好奇心をそそられる日々です。

« ゲストハウス 枝豆 in Salzburg! | トップページ | 映画 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドイツの方言:

« ゲストハウス 枝豆 in Salzburg! | トップページ | 映画 »